ボロボロになる前に大規模修繕をしておこう

男の人

築20年の建物の工事

模型を調べる人

新築マンションの分譲が活発に行われてきた地域では、築20年以上の建物も増えており、計画的にメンテナンスを行うことが大きなテーマです。10年に1回の割合でマンション大規模修繕工事を行う事例が多いために、築20年の建物の大半が2回目の施工です。1回目の経験を踏まえてマンション大規模修繕工事を行う管理組合が中心であり、施工業者の選定から、作業完成までの流れもスムーズです。また初回のマンション大規模修繕工事への満足度が高い場合には、2回目も同じ業者に発注するのが理想的です。作業を依頼する場合に大切なことは、個別の建物の状況を丹念に調べることであり、必要な修繕個所を的確に把握することが重要です。建物の劣化は外部から進行するケースが一般的であり、作業を行うときに特に重視したいのは、外壁塗装と屋根の防水工事です。着工前にコンクリートのひび割れの状況も調べると、適切な補修工事が行えるので、建物の寿命も更に延ばせるでしょう。一方でマンション大規模修繕工事を行うときには、足場を組み立てたり大型トラックなどが出入りするので、居住者全員の理解が不可欠です。施工会社と管理組合が協力しながら、積極的に住民向けの説明会を開催するのが、円滑にマンション大規模修繕工事を行うコツです。そして完成直後に施工部分を調べ上げて、仕上がり具合を確認することも重要ですが、次の大規模修繕工事に向けて長期計画を立てることも大切です。